月刊/凹みスタディ

hecomi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 16日

秋の空と

12月15日

朝から荒れ模様。弁護士に会いにいっていたあやちゃん帰宅。ぼくの顔をみて泣き崩れる。よくよく、話を聞いてみるとさほどひどい状況ではない。多少の出費さえすれば解決できることだ。あやちゃんのパスポートもかえってきそうだし、現状維持。

しばらくするとあやちゃんもけろっとなっている。ぼくの彫刻で新しい形を模索してくれていて「ああ、たのしい」と、ごきげんになっている。
女性って。

友人にとてもうれしいニュースが入る。人ごとだが本当にうれしい。
今日の夜は飲むことにする。電話で乾杯しよう。

あやちゃん仕事へ。女性はつよいです。

木材サンプル制作。最終塗装がおわり、ぐっとよくなった。これなら、18日もはずかしくはない。

スピーチ原稿制作

パン
長いものお好み焼き
チョリゾーのピザ(ぼくだけおやつ)
ホワイトアスパラとノルウェーセロリとツナのパスタ



12月14日

プラスチック素材サンプル制作。

チーズバーガーシステムの完成。できてはみたものの、かっこいいのかどうか、いまいちよくわからない。新しいものができたときは、だいたいこんなものだろう。時間をおいてまたみてみよう。

午後、彫刻が入るビルの模型作り。15/1と20/1スケールのモデル。30/1スケールのモデルはすでにあやちゃんがつくってくれている。

模型作りと言っても、彫刻の大きさがわかるよう、空間のフレームをつくるだけなのだが、かなりてこずる。

やっとできたが、そのあまりの完成度の低さにあやちゃんともども、笑うしかない。笑ってごまかそう。

夜、友人の増山士郎さんが家に招待してくれる。はじめて恋人のシレードさんに会う。イギリス出身でベルファスト在住。

おどろいたのが、彼女がずっとしゃべっていて、増山さんがせくせく働いていること。食事を作って(おいしい)、サーブして、後かたづけまで。シレードさんはずっと座っている。愛の力だとおもいます。いいニュースもあって増山さんはきらきらつやつやしている。そういう人をみるのはとてもうれしい。

ぼくにはアイルランド人の友達はいないし、正直、ヨーロッパで今日ほど英語が聞き取れなかったのははじめてかも。独特の発音省略がある。

ふと、よこをみると、あやちゃんも必死に聞き取ろうとしている。

どちらにしろ 心温まる会だった。

きのことひきにくとブルーチーズサンド
野菜うどん
ブロッコリーのサラダ ボロネーゼパスタ
[PR]

# by hecomi-study | 2009-12-16 20:37 | Comments(0)
2009年 12月 14日

マクドナルドから学んだこと

12月13日

あやちゃん午前中から仕事。
けん、制作。

金曜日のプレゼンに向けて素材のサンプルを2種類制作。やっと、いけそうな素材を開発。
今回の彫刻の構造、らせん構造に続き、救世主となるか。

名付けてチーズバーガーシステム!

今まで使っていた、黄色の板。この素材の弱点、退色しやすい、という欠点を補うため、同じ素材の透明UVカット1ミリの板で、黄色の板を両側からサンドイッチする。色、素材感はかわらず。たぶん高級感はアップ。

欠点は3倍手間がかかること。でも、手間はお金で買えるもの。

試作品完成は明日。決戦は月曜日。


ひき肉のあんかけごはん
塩漬け肉とごはん
キノコとひき肉のクリームパスタ
a0144713_1331416.jpg
[PR]

# by hecomi-study | 2009-12-14 01:33 | Comments(0)
2009年 12月 13日

半分勝つこと

12月12日

あやちゃんは仕事へ。ぼくは昼前まで寝ていた。おかげで体調は万全。韓国料理のおかげで、疲れや風邪気味な感じもすっきりなくなる。
あやちゃんが裁判所からの手紙について電話で弁護士に聞いたところ、まず半分は裁判に勝ったということだ。
なんだか意味がよくわからないが最悪の事態だけは回避した。それだけですばらしい。

午後制作。

ブルーチーズサンド
サラミピザ
ひき肉のあんかけごはん


12月11日

午前中、みきちゃんのギャラリーで木を加工させてもらう。とにかく切る時の音がすごいので住宅地ではできない。

午後ベルリンに帰る。午後4時着。

加工した木にさっそく色をつけてみる。やっぱり悪くない。

夜8時、あやちゃんが働いている韓国の美術家ヘギュの家のパーティーに行く。
彼女の母親が訪ねてきていて、得意料理をふるまってくれる。

とてもたのしい。

知らなかったがこの日はヘギュの誕生日。夜12時を過ぎて、みんなで誕生日の歌をうたった後、帰宅。

ハンバーガー
うなぎの薫製パン
キムチ、プルコギ、などたくさんの韓国家庭料理


12月10日

朝2時半起床。4時半の電車でアムステルダムへ。
あまり寝れない。

11時アムス着。カフェでプレゼン資料準備、タクシーでクラウスエンカーンのオフィスへ。ベルリンからアムスの電車代と同じくらいかかる。

オフィスで簡単なランチ。彫刻を入れる予定の北オランダ地方のパンをわざわざ用意してくれていた。

2時半プレゼン終了。今後解決しなくてはいけない課題はたくさんでたが、みんな喜んでくれたようだ。それにしても、ぼくはもっと演説を上手に、みんなを納得させるようにならなくてはいけない。
建築家はプレゼンのプロだが、美術家だって大きい仕事をしたいのであれば、それは必要不可欠だ。

駅までの道のり、コーディネーターのエスターと18日のレーウバーデンでのプレゼンに必要なことについて打ち合わせ。

4時半の電車でハンブルグへ。よる、10時過ぎ着。
今日は合計13時間も電車に乗っていたことになる。電車は僕にとってくつろぎの時間なのだが、さすがに疲れた。もう、こういう強行軍はやめよう。

今回は、木を切って建築用彫刻の試作品をつくること、前回はぼくの風邪で果たせなかった忘年会をすること、のためのハンブルグ。

しかし、夜、遅かったし、みきちゃんも、居候しているさゆりちゃんも風邪をひいていたのでみきちゃん宅でささやかな忘年会。

といっても飲んでたのはぼくだけだ。

肉じゃが弁当
パン、チーズ
ハンバーガー
インスタントラーメン


12月9日

マケット制作。

夜7時に全て終え、あやちゃんと握手する。今、やるべきことはできたはずだ。
この日は裁判所から裁判の進展報告書もきていた。おおむねいい方向に向かっている。でも、あまりに専門用語すぎてあやちゃんにも読解するのが難しい。もちろんぼくにとってはただの暗号文だ。


肉じゃが とろろごはん
[PR]

# by hecomi-study | 2009-12-13 00:53 | Comments(1)
2009年 12月 09日

迫りくる出立

12月8日

制作。一番大切なとき。とても難しい。時間にせかされ、最後で集中力をなくしてしまった。0.1mmに泣かされる。明日の朝やり直そう。

12月7日

前の日飲み過ぎた。

制作。つらい。

12月6日

制作

夜、のむ。物理学者と。
[PR]

# by hecomi-study | 2009-12-09 03:51 | Comments(0)
2009年 12月 09日

豚でもかまわない


12月5日

けん、カムバック。自分でもおかしくなるほど回復が早い。あやちゃんもかなり良さそうだが、ぼくはそれ以上だ。

制作。意外と集中できる。

夕方、アジア食品店へ。

ぼくの体調計はお酒のおいしさだ。
今日もおいしい。

キムチ雑炊
豚肉お好み焼き
生姜焼き ほうれんそうのおひたし ととろごはん


12月4日

オープニングの日

幹ちゃんも鈴木さんもやさしい。ぼくは普段生意気なことばかり言っているが気をつけよう。
二人は朝食の準備、幹ちゃんは薬まで買ってきてくれる。

3時頃動ける気がしてきた。

まだ彫刻を2つ展示しなければならないので、ギャラリーへ。知人がきていたがろくな挨拶もできなかった。

オープニングを待たずベルリンへ帰ることにする。こんなやつがパーティーにいたら台無しだろう。

夜9時前、ベルリン着。 あら不思議、体が少し楽だ。

家に帰ったときのビールがおいしかった。
ということはもう大丈夫だ。

お茶漬け
キムチ雑炊


12月3日

朝起きて、体がだるい。

企画書を送ってから、2時の電車でハンブルグへ。

うん、やっぱり風邪である。記録が途絶えたことがさびしい。

作品の設置。集中すれば1時間もかからず終わることがなかなか進まない。そのうちに熱がでる。親友のエディが遊びにきてくれるが具合が悪くてほとんど話すことができない。さみしそうだった。

9時前にイタリアンレストランを経営するリロの店へ。ほとんど話せない。場の空気をずいぶんとこわしたことだろう。
次の日本食屋さんに移ってしばらくたったところでもうだめだった。ぼくだけタクシーでギャラリストの幹ちゃんの家に帰る。ベッドに倒れた瞬間ものすごい頭痛と悪寒。ふるえがとまらない。

夜おそく、デゥッセルドルフから来ていた鈴木さんと幹ちゃんが帰る。ぼくは鈴木さんの寝床をうばってしまっていた。

昼 ケバブ
[PR]

# by hecomi-study | 2009-12-09 03:42 | Comments(0)