2016年 05月 02日

ロンド橋

いやはや、もう5月ですかい。
はい、そうでSKY。

遅いですが3月、何があったかな。


新たな事実が発覚しました。
僕は寝ている時、たまに軽いいびきをかくらしいのですが、
最近あたらしいバージョンがはやっています。

グーグー、フガフガ、とここまでは普通なのですが、
最後に
シャキーンっ、という音が入るらしい。
どうやったらそんな音が出るのか、出せるのか、
目が冴えてきそうな、、それでもいびきです。



さて、今現在、我が家ではロンドンの街の形彫刻が進められています。
5月にロンドンで開催されるART16というアートフェアに参加するので、
ロンドンの街のかたち、
という、バ○のひとつおぼえ的な企みです。

バルセロナのギャラリーを通して参加するのだけども、
まぁ、彼らには非常にお世話になっていて、
というか何度も僕の作品で各地のアートフェアに応募してくれたのだけど、
いつも、これじゃぁ、だめね、と主催者から突っ返されていた。

でも今回は主催者側から、このケンというやつの作品を入れるなら出させてやってもいいぞ、ということだったと発覚した。(そういうこともあるらしい)
やっと少しは恩を返せたか。

彩ちゃんもロンドンに行くのが楽しみらしく、
ローンド橋、落ちたー落ちたー、とご機嫌で歌っています。。

うーん、
うーん、
どう考えても、
あまり縁起のいい唄ではない気がする。
このご時世だし。



ふぐり。

あやちゃんがお小遣いで待望のネコヤナギを買ってきた。
つぼみがとてもかわいく、なんとも春らしい。
ぼくはどこで読んだのか、こういうつぼみのことをフグリと言う、と思い込んでいて、このネコヤナギにもフグリちゃんという名前をつけた。

その数日後、仕事先の彩ちゃんとメールのやりとりをすることがあり、
文章の最後に、けんより、というところを、フグリより、と書いた。
かわいらしいかな、と思って。

彩ちゃんが家に帰ってきて微妙な顔をしているので問いただしたところ、フグリって○丸っていう意味だということが発覚。。。。

本当に知らなかった。
恥ずかしすぎる。


唐突だけど、
ぼくは過去に何度もブタの角煮に挑戦してきたがことごとく失敗に終わっていた。チャーシューくらいにしかならないのです。こんなにうまくいかない料理はこれだけです。

でも今回、適切な肉を買ってきてもらって(バラ肉のかたまり)(今まではバラ肉のかたまりがどうしても手に入らなかったので違う部位ばかりだった)、
再挑戦してみると、あらま簡単、こんなんでいいの、
上等な角煮が煮えあがった。

なーんだ、部位だったのか、
あと、隠し味はもちろん、、、

八角です!!



そういえば、最近コペンハーゲンから戻ってきた彫刻。
けっこういいきっかけになりそうな予感がしています。
(実際はこれの2倍の大きさなんだけど、まだ写真を撮っていません)
a0144713_0595525.jpg




凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

# by hecomi-study | 2016-05-02 23:54 | Comments(0)
2016年 03月 22日

くやしさ君、本当にぼくを成長させてくれるのかい?

3月です。

少しずつ暖かくなり、
ベルリン人の顔にも、海溝のように深い眉間のしわの変わりに、
凪の海のようなほほえみが戻ってきました。
意味もなく微笑んでくれる人も増えてきました。(女性だと嬉しいのだけど、男性の方が多い気がします)
それにしてもそんなに天候に左右されて大丈夫なのか、生きていけるのか、と心配になります。


2月、2月、2月、

デンマークに目を廻されたような月でした。


港が開港して以来、
めざましい発展を遂げてきたコペンハーゲンの街、その街の形を彫刻にしていく、という街シリーズですが、
規模や迫力を今までより一段あげた彫刻に挑戦してみました。


普段、18時以降は作業はしないようにしているのですが(朝からきちんとできるとちょうど18時くらいに集中力が持たなくなるので)、とても間に合わないのでビールをちびちびやりながら、夜間部も開校しました。

そして、出来はと言えば、

まー、今までのベストでしょう。
もっと規模の大きいものもけっこうあったけど、
なんというか、自分を震わせてくれる彫刻が出来ました。

目標は、「審査に通ってデンマークのその美術館で展示する」、ことだったのですでに満足です。

いざ、一泊二日の強行軍でコペンハーゲンへ搬入に。
美術館に着き、けん、あや、開口一番、
いやー、きれいな空間だねぇ。
外から見てもとても重厚な雰囲気だし、
いやーテンションあがるねぇ。
わー、天窓の光は違うねー、

なんてはしゃいでいたのだけど、

設置の手順を説明していたら、
担当のメッテさんから、
あら、今日は設置できないわよ、それはまた別の日にやるの、展示デザインのチームがいて、彼らが明後日くらいから展示場所を決めていくのよ、
言ってなかったっけ、、、。
今日はデリバーだけよ。

ですって。

がびーん、
はっ?はっ? 作品の搬入と設置はセットじゃなかったの?
この彫刻は簡単には設置できないし、僕以外の人がやって壊れた、とか絶対いやです。

要項には「今日までに作品を搬入すれ」、としか書いてないし、「自分の責任で設置すれ」と書いてあるし、
搬入日と設置日が同じなのかを確認しなかった僕にも非があるのかもしれないけど、
ちょっと説明が足りな過ぎます。
デンマークに住んでてすぐ来れるっていうわけじゃないんだから。
あやちゃんだって無理して仕事休んで来てくれたのに。

いろいろ解決策を一緒に考えてくれたけど、また出直すことに。

ぷー、でも、それでも、いつでも、誰でも設置できるようなシステムにしておかないとこれからはダメだ、ということは勉強になりました。

あとコペンハーゲンの街はとても気に入りました。
とにかくすばらしいデザインが街中に溢れています。




宇部市の小学校で凹みの授業を開講させてもらいました。

とは言っても何度も日本に帰るわけにはいかないし。
そこで少しでも、臨場感が出てくれれば、と映像をつくることにしました。

監督はもちろん谷口彩子さんです。
ハンブルグ、ロッテルダムの展覧会直前だったこともあり、
せっぱつまってしっかりと喧嘩もしました。
「そんな喋りじゃ、話しにならない、観てくれる人に何も伝わらないよっ」
とか、かなりきびしくやられました。セリフを全部やり直したりもしました。
子どもたちに凹みへの覚悟だけは伝わってくれればいいのだけど。


ベルリンでは授業風景の写真を見ることしかできないけど、
子どもたちの眼が本当に印象的。
きらっきらっして、喰いつくような眼。
その眼でこれからもいろんなことを吸収してください。

出来上がった彫刻の写真や感想文をみせてもらったのだけど、子どもたちの理解度と能力に驚きました。
この学校のカリキュラムがすばらしいのか、全般にそうなのかは僕にはわかりませんが、彼らなりにしっかりと凹みを理解し、
さらにそこから彫刻を作り出すということの意味みたいなものもしっかりとわかってくれたと思います。
あと印象に残ったのが、サウジアラビアの砂漠の形をモチーフにした、緑色の作品です。
タイトルは「森林」で、感想は「サウジアラビアのさばくが彫刻にしてみると森林みたいになりました」
ですって!
がびーん。
本当に感服です。(あやちゃんは感激して涙ぐんでいました)
美術というものに、もし意義があるとしたら、こういう奇跡を起こせる力なのかな。
はからずも、砂漠を森林にしてしまう(なってしまう)自由な転換、そしてその裏にある彼のやさしさが、、沁み入ります。
こういうものをみると、少しだけ美術の力を信じられる気がします。


身を粉にして、見本の模型制作から、段取り、授業の進行、その記録、
などなどを気持ちよくやってくれた、
UBEビエンナーレ事務局の山本さん、三浦さんには本当に感謝の気持ちしかありません。
しかも、塗装時に僕の作品と同じ黄色は使わないよう気を使ってもらいました。

子どもたちの作品は4月初旬から、宇部の常磐ミュージアムで展示され、
同時に僕がつくった凹みたちも展示されます。が、普段は感じないプレッシャーを感じています。なんだこのくらい俺でもできるやん、とか子どもたちに言われないかと。
あまり厳しい眼で見ないでくださいね。



ユトレヒト

さていよいよ完全アウェイのプレゼンテーション。
オランダ、ユトレヒトにこれから建てられる政府の巨大な建築に公共彫刻をいれる、というもので、選考の過程で最後の二人まで残っていたのです。

以前やった、司法省彫刻の倍くらい、
ばーんと家が建つ程の予算だし、
気合いが入らないわけがない。

それにしても情報が少なすぎるし、ビルの図面も数日前に来たばかり。
でもその中で出来る限りはやろう、と準備を進めてきました。
何度もあやちゃんに演説を聴いてもらい、彼女も妥協無しに資料をつくってくれ、何度でも修正しました。

どんな人達を相手に喋るのかも知らされていなかったけど、
審査員の方々10人は政府のそれぞれの省から来ている方や、建築家たちで構成されていました。

そして、
みんな真剣に聞いてくれ、概ねしっかりとやれること、やりたいことを伝えられたと思います。

コーディネーターのハンスさんにも、心に響くプレゼンだったよ、と褒められたし、意気揚々と帰路へ。

ところが途中で電車が止まる。
人身事故だとか、爆弾騒ぎが、とかいろんな情報が錯綜するが、とにかく少しずつでもドイツに、そしてベルリンまで近づきたい。
結果、バスとタクシーに計5回乗り継ぎ、(最後はハノーファーからベルリンまでタクシー、ドイツの国鉄が払ってくれるのだけどそれでも300キロ弱タクシーに乗るのは初めてだった)朝、4時前に我が家へ。くたくたでした。

下は地図から抽出したユトレヒトの街の形
a0144713_3172334.jpg


そして次の日、
早くもプレゼンの結果が届いていました。

またまた、
がびーん、
だめでした。
なんてこった。

いやーこれはきつかったです。
くやしさが人を成長させる、とは言うけれど、
こんなにくやしいことがあるのかと。

でも救いは選ばれた方の作家がすばらしかったこと。
2014年のベネチアビエンナーレ、しかもアーセナルで一等賞をとっている Studio DRIFTというチームでした。
www.studiodrift.com/
圧倒的な美しさで癒されますよ。
彼らと肩を並べて闘えた、ということを誇りに思うようにします。


それはそうと、
ぼくの方が最初に知らせをみていたので、
結果をどうやってあやちゃんに伝えるか、
こんな悪魔のような知らせを僕の口から言わないといけないなんて、
本当につらかったです。(しかも鼻歌なんか歌ってて上機嫌そうだし)


悪魔の知らせを聞いたあやちゃんのくやし涙をみていると、
どうしてもっといい作品がつくれないのか、
どうしてふがいないものしかつくれないのか、
こっちが泣きたいほど痛く、くやしくなりました。

ぼくはどうとでもなるのだけど、
彼女を悲しませるのだけはもうまっぴらです。

仕方がないのでこれからは本気を出します。



凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

# by hecomi-study | 2016-03-22 03:31 | Comments(0)
2016年 02月 22日

今やらないで、いつやるの?


2月です。
バレンタインデーも終わり、ほっとしています。
ヨーロッパでは男が女性にプレゼントをするのですが、
つらーっと、何くわぬ顔でやりすごしました。


ハンブルグのギャラリーとロッテルダム歴史美術館で同じ日にオープニング。
体は一つだし、どっちに出ようかな、と思っていたけどみきさんに恩を売ることにする。
とはいっても、泊めてもらったり、ごちそうになったりいろいろしてもらい、さらに借りが出来てしまっただけだった。展覧会もとてもしっかりやってもらいました。


オランダのエスターから推薦されて
デンマークのコンペに出していたのだけど、
なんと!最終選考まで残り、3月からコペンハーゲンの美術館で展示することになった。(とはいっても最終選考に数十人も残っているのだけどね)
自分が納得するまでやってみろ、けん。

というわけでとてもあわただしくなりました。

詳しくはまた来月にさせてください。


話しは変わりますが、
何を隠そう、ぼくは今山口県宇部市の小学校で、凹みの授業をしているのです。しかも5回に渡って。。。
ぼくはドイツにいるのにいったいどうやって??
これも詳しくは来月。

(デンマーク用の彫刻でてんぱっており、すみません)

さて、
1月、1月っと、何があったかな。
もう2月の下旬だし、ほとんど忘れたな。


ハンブルグのかわいい写真家、フェリックス君が展示会場でインディアンの宴くんの写真を撮ってくれました。影もいい感じで情緒的でしょ?
ピントがいまいちな気もするけど。
ちなみに彼は人を撮らせると抜群にうまいです。
a0144713_151575.jpg


同じのを大ちゃんが撮るとこれ。
彼はぼくの彫刻をもう何十個も撮ってるから、
うん、知り尽くしています。
いろんな写真家に撮ってもらったけど、
ダントツです。
常に僕とふたりで撮影して、その都度、技術を上げていっているので他の写真家と比べるのは酷だけどね。
ただ、心配なのは写真が良すぎて、実際のをみたらがっかりされる、、、ということです。
a0144713_1523045.jpg



ある寒い日ジョギングから帰ってきて、あつあつのおじやを食べる。
いやーいい日だ、
なんて思っていたら、隣の部屋から彩ちゃんの叫び声が。
なんじゃこりゃーっと言っていた。
またもオランダからのいい知らせ、
こっちは最終候補の二人まで残ってるらしいですが、
まだ決定ではないので言えません。公共彫刻の話しです。
3月にプレゼンに行ってきます。
だめでも笑わないでください。

ふむ
なんだかいろいろありそうな年だし、
そろそろここらで僕も本気を出そうかしら。

(最近あやちゃんに、あなたはもっとできるんだからもっと本気でやりなさい、とカツを入れられました)
(うるせぃやい、とは言っておきましたが、たぶんその通りなんだろうと思えています)

凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

# by hecomi-study | 2016-02-22 02:05 | Comments(0)
2016年 01月 19日

冬至も過ぎたし、あとは春が来るだけだよ

新年あけましておめでとうございます。
(おそくて何が悪い)
昨年はいろいろな方にお世話になりました。
今年も凹みに磨きがかかりますように、
そして、みなさんが凹みませんように。


さて今年の抱負、、、
たしか、
年末に飲んだ席であやちゃんに宣言したのだけど、
何だったっけな。。

ちゃんとお風呂に入る、、、、いや違う。

野菜と魚もちゃんと食べる、、、、これも違う。

たぶん、
去年よりいいものをつくる、、、、みたいなやつでした。

思いだした、ひと畳みずつでも、畳む前に今一度考える、、でした。
いいものをつくるには、これで本当にいいのか、いつも疑問を持ち、でも遊び心もまた忘れない余裕が必要なのです。
うぅ、出来っこねえ。


あと、
○ある程度、攻めに出る。
○英語をもっと頑張る。

これができればいいかな。

今までは自分から、どこそこで何がしたい、ということをあまり押し出していなかった。宣伝はけっこう人任せで、来たならやる、という感じだった。まだまだ広い世界では自分の作品は通用しない、という想いもあったし、機が熟すまで待とう、、(家康じゃないんだから)みたいにまずは作品の質があがらないとしょうがないと考えていました。呑気なものです。その方が逆に近道だとは今でも思えるけど。
でもたぶんたぶん、今年中にはある程度納得できて、ある程度通用するものが出来そうな予感がするのです。
そういうものができたら攻めてみます。
(領地を拡げたり、年貢を重くするとかいうことではありません)
しかるところに宣伝してみる、ということです。

英語もそれに似たような理由でやりなおしてみます。(ちゃんとやったことはないからもともとお粗末なものだけど)
少なくとも損はしないし、これから(もうすでに)必要になると思うし。


2016年、初撮影。
いやー大ちゃんに撮ってもらうとやっぱり違うわ。
知らないと思うけどこの素敵な光り具合のために二人で汗だくになっているんですよ。
彫刻は今ぼくの中で流行っている街シリーズです。
(北欧のあの街です)(たぶん彩ちゃんの妹にしかわからない)
a0144713_224966.jpg


さて新年あけて彩ちゃんとオランダに出張でした。

ファンネレ工場。
ちょっと前に世界遺産に登録された工場へ。
なんとぼくはここの凹みを5つも持っているのです。
ということでミリアムと一緒に、ずけずけとそれらを売り込みに行ったのです。
ちょっと勇み足だったけど、笑、
とてもいいディレクターさんでした。

ロッテルダム歴史美術館
前の場所から新しい場所へ移るので再度、彫刻設置に行きました。
新しいビルはレムクールハースさんが設計したもので、とてもいい建物でした。

ディナー
パウル達と今後の話しをしたあと(胸が熱くなりました)
アムステルダムから来てくれたお客さんと。
ぼくらのお気に入りのレストランにしてくれたし、(味は落ちていた)
とてもいい出会いでした。

最後のニュース
最後の日、どたばたしてる中でミリアムからニュースが。
白蛇効果かな。
えー、そんな話しがあるんなら最初に言ってよー。もっとみんなにニコニコして頑張ったのにぃ。
とてもいいニュースでした。

(小学生の感想文っぽくしてみました)


12月箇条書き

来年に向けていろいろ始まってくれればいい。
いつまでもボサーとしているわけにもいかないしね。

インディアンの宴(うたげ)完成。(ベルリンの凹みです)
2月のハンブルグでの展示に向けた新兵器です。
そのうちに大ちゃんに撮ってもらいます。


6食、連続で豆、を食べてみる。
今まで豆を使ったことがなかったから挑戦してみました。
おいしかったけどさすがにしばらくはいいかな。
煮込みだったのだけど、さすがに飽きて
4連続目でカレーに変化させました。


新しい蝶番、
新しいネジを取り入れる。
将来を考えるとちいさな投資です。

でもぼくにとっては月面着陸より大きな一歩です。

冬至、
一番暗いとき、日照時間の少ない時だからこそやっておくことがあるのかもしれない。
来年も照らしてくれますように。



凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

# by hecomi-study | 2016-01-19 02:29 | Comments(0)
2015年 12月 15日

ドイツのモヒカン事情


12月です。

先月壊れた、フードミキサーだが、
なんと、、
見事、

復活、、

するわけはない、

なんと、、
大ちゃんが新しいのをどっきりプレゼントしてくれました。
(11月の末だったのでクリスマスでもないのに)
しかもデザインがかわいく、黄色のアクセントが効いている!
これは涙がでるほどうれしかった。

でも男の子だから泣いたらかっこわるいので(普段えばっている手前)
かわりにトイレに行きました。

へっへっへ、このミキサーの最初の餌食は、、、
チャカちゃん、
君たちだ、
じゃがいも、セロリ、たまねぎ達よ。

(変なテンションですみません)
真面目に書きます。


11月でけっこう悲しかったこと。

バルセロナのギャラリーでギャラリストのもと働いていたモニカが今年中でやめることになったこと。
仕事上、すごく相性がよかったし、旦那さんともども何度も飲んだり、いろんな話しをしてとてもいい友情が芽生えていたのに。
「モニカが決めたことなんだから尊重するよ」とかっこつけて言ってはみたものの、
いやー正直やめないでほしかった。
せっかくスペインで調子がよかったのに暗雲たちこめる気がしました。


いろんなことをやれた2015年だったけど、まだ残りはちゃんとある。
せっかくやってきたのなら、ここでもう一超え、どーんとやらないともったいない、
ということで、

びよーーん、
2012年に取り組んでいた、11世紀の凹みをやり直すっ。

しかも倍の大きさで。
しかも3倍の厚さで。

きゃーこれは大変だぞ、
一大事だぞ。

(変なテンションですみません、でも最近、馬鹿は馬鹿らしくやればいい、ということを知りました。尊敬する村上春樹さんがそんなようなことを書いてました(大きくとらえれば)。だからもう無理をして真面目ぶるのもやめます)
バカといっても卑下しているわけではなく、美術家に必要なバカさかげん、という意味です。

バカじゃない美術家はバカじゃねぇ。

???

間違えた、

バカじゃない美術家はただのバカだ。

でした。



いきなりですがドイツのモヒカン事情。
郵便局の受付だろうが保険会社だろうが歯医者さんだろうが、がっつりタトゥーがはいってる人はたくさんいる。しかも頭とかにまで。
日本からドイツに渡ってハンブルグ中央にある郵便局の受付のにいちゃんをはじめて見た時はびっくりしたものでした。
モヒカン、タトゥー、顔面ピアス、でもけっこうてきぱきしてたな。がさつだったけど。

だからモヒカンくらいなんともない。
(実は最近、髪を切るとき張り切り過ぎてソフトモヒカンみたくなった。)
でもなんとなくチャラくて似合うし、
なんといってもこの街では誰がどんなかっこうをしようが一切気にしない。
それは僕にとってとても楽なことなんです。

日本にいるときはこんな激しい髪型にはできないし、鼻ピアスとかもやめた。耳にも7つの穴があるけど最近は使ってない。ちょっと北斗のけんみたいだけど。(高校を卒業できたときに思い切ってやめました)
だって損することはあっても得することはなかったし。
見かけで判断するなって言われても、ある程度はしますよねぇ。

ピアスとかモヒカンで思いだしたけど、
ここのところあやちゃんはシッポです。

あやちゃんがリスの尻尾に注目していることは前にも述べたが、
最近は自分にも尻尾が生えたらいいのに、と言っている。
一応、そうだよねー、とは言ってあるがあまり歓迎はできませんよね。

けんかしたとき、髪の毛を逆立てたり、カメハメ波とか打たれたらやだし。

まぁ、考えようによってはピアスとかモヒカンとかタトゥーより、ずっとファンキーだけど。

(それにしても読み直してみると今月は知性のかけらもない文面ですね)




凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

# by hecomi-study | 2015-12-15 19:07 | Comments(0)