月刊/凹みスタディ

hecomi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 24日

たたきかえされた白蛇


11月です。
暗—い冬が忍び寄っています。
ベルリンは緯度も高いし、雪の反射も無いのでこれから3時、4時には真っ暗になります。しかも7、8割は曇り空。
この暗さは本当に人をまいらせます。
この時期のベルリン人はみんな眉間のしわが3倍くらい増えています。(ほんとです)

でもまぁ、のぞむところ。
冬よ、来てみろ、たたきかえしてやる。

(なんて言ってる矢先にアメリカのコンペにたたきかえされました)
(えへへへ、、としか言うことがありません)

10月

ひたすらつくってみる。

はい、何を隠そう、これこそが一番の解決策です。

考えてみればここ何年か、展覧会にせかされたり、締切に追われたりして、
とことん納得がいくまでつくったものはすごく少ない。

ちょっと前につくったのや、ぶん投げてあったのを改めて見てみると、まぁ、これでよく作品とえばれたものだ、と恥ずかしくなる。(最近こう思えることが多い)
時間に追われてちょいちょいつくった感がまるだし。
これじゃ、勝負できないよね。
先月に続き、いろんな課題が出ます。

○締切があるからではなく、自分の内側から湧いてくる欲求でつくる、
○妥協しないで最後までつくりきってみると何がみえるのか、
○つくりたての頃は頭に血が上っているけど、それでも客観的に見る、

今はこの辺に挑戦しています。
時間はかかるでしょう。
悩むでしょうし、
鬼や蛇がでるかもしれません。
でもこの冬は締切をつくらないで欲しい、とあちこちに根回ししてあるし。
歯医者さんに歯茎がよくなっていると褒められたし、
冬ごもりの準備もできたし(部屋の模様替えやなにやら)、
どんぐりもいっぱいためこんだ。
あとはただつくってみよう。

(春になってずっと冬眠してたの?、と言われないようにね)
(あと隠したどんぐりを忘れないように)


さあ10月の嬉しかったこと、
日本から帰ってつくってみた作品群をハンブルグのみきさんとあやちゃんに見せる機会があった。

自分のなかでは会心の出来だ、と思っていたのが2個くらいあったのだけど、
いやー、見事わかってくれました。
特にあやちゃんの賛辞はとても久しぶりに聞いた。
(「わたしは褒められて伸びる子なの、」と自分への賛辞は強要するくせに)

ともかくっ
今までとはひと味違う、
次へ向かう予感。



まんぷく太郎くん、とかいろいろなあだ名があったけど、
上下真っ白のフリースパジャマを着てウロウロしていると、
あだ名が白蛇さんになった。
まあいいや、と過ごしていたが、そのうちあやちゃんは白蛇の夢をみたんですって。
本人は、縁起がいい、と張り切っているけど、
10月の初めに彩ちゃんの両親と山口県の錦帯橋に行った時に見た白蛇が印象に残っていただけなのでは、、。
(でもとてもそんなことは言えません)
うん、いいことありそうだねっ、と言ってあります。



フードミキサーが壊れる。
(数年前、父がベルリンに来た時に買ってもらったやつ)
えー。それにしても、
ドイツ製、だめだなー。
だらしねーなぁ。
ま、かなり無理をかけたのが悪かったのかな。
(マージャンで負けてあやちゃんと大ちゃんにさつま揚げをつくってあげるはめになったのだけど、その時、大量のタラのぶつ切りを強引にすり身にしようとしました)

白蛇効果いまだなし。








凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

by hecomi-study | 2015-11-24 01:07 | Comments(0)