月刊/凹みスタディ

hecomi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 02日

凹み桜


明けましたか?
明けたようです。

今年もみなさんに凸が訪れますように。
ぼくにはいい凹が訪れますように。

今年の抱負、
行けるものはグイグイ行く、
にします。
(こういうのは抽象的にしておいた方が後から何も言われずにすむ)


そして一句

ぐいぐいと
攻めて散るなら
後悔もなし

夢では満開
凹み桜

いやー、切れ、深みもあっていい句ですね。
(最近は、前に有さんにもらった俳句の本に影響されています)


せっかくのお正月なので(僕みたいな職業だとそういうのあまり関係ないけど)チャンス、
UBEくん彫刻をじっくり時間かけてとことんまで突き詰めてみる。
少しずつやってるうちにまだまだ直す余地が出てくる。

そしてついには、ほれぼれするようなイケ凹になった。

こうやって詰めていけたことは意義のあることだけど、逆に言うと今まで時間とかの制約でどれだけ妥協してきたのか、、
複雑な気持ちになりました。


12月箇条書き

札幌の凹み採り
うまくいけば雪が積もる前に少しでも、、、
と思っていたがそんな希望は無惨、雪に埋められてしまった。
凹み探しに雪は大敵です。
雪解けまでは新しい凹みには出会えません。

でもやることはたまっていく。(ないよりはいいことです)

作品も少しずつたまってきた。(いいことです)

お○ねの方はちっともたまらない。(わびしいことです)


さて、公共彫刻の方もめどがつき、いよいよ凹み軍団フル稼働(一人です)。
部屋を本気仕様にする。
かなりよくなった。

あとは僕のやる気を本気仕様にしなくてはいけません。
一番難しいです、正直。

いろんなことにめどがついて、ちょっとボケっとしてきました。
(12月15日頃現在)


札幌のクリスマス、
白いクリスマスにはあこがれていたけど、それにしても積もる積もる。
雪には妥協というものがないのかしら。
というか
ものごとには節度というものがあるんだよ、
ね、君。

昔、よくこうやって怒られました。

また一句

こんなにも
降るものでしたか
雪くんよ
やなこと いいこと
埋めてくれ


忘年会シーズン。
ぼくに友達なんていない、と一人ふてくされていたが、ちゃんとやさしい方々が誘ってくれた。でも4連、5連ちゃんくらいになってくると夜だけとはいえ、フラフラになってくる。
昼もあまり集中しているとは言えないかも。


なんてしけたことばかり書いてますが、
スペインの方はうまくいっているんです。
(ちなみにこのブログはあやちゃんの両親も時々みているようなので、いいこと8割、悪いこと2割、で書いています。蕎麦みたいだけど)
(今になって、娘を返せっていわれても困るしね)

だから忘年会で飲んだ暮れている、なんて絶対書けないし。

(ですのでブログだけ読んでるとなんだかチャンチャラうまくやっているように見えるかもしれませんがそうでもないんですよ)

という訳でスペインでのいいこと

僕の一回の個展期間中での売り上げ記録を更新できました。
調子がいいので会期も延長してくれています。
こうやって年、何回かの個展で計算ができてくると(お金の)、とてもとても助かります。

しかも持ってくれた方々がまた嬉しい。
とても大きなコレクションや、ぼくが最も尊敬していた美術家の一人にも持ってもらった。

そしてこうやって書いてみると
決して悪い年末じゃなかったんだ、と思えてきました。


凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

by hecomi-study | 2015-01-02 15:48 | Comments(0)