<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 19日

ベルリンいちのワル


僕の9月かぁ、
みなさんご存知のように、10月になってから9月にあったことを思いだして書いています。


うーん、何があったかな、
日本に自信作を送ったけど税関でめんどくさいことになったこと、
ハノーファーからやっとのことで彫刻を返してもらえたこと、(プンプン)
送るのが惜しくなるくらいの彫刻ができたこと、
送るのやめよう、もったいないし、
と思ったけど次の朝に思いなおしてオランダに送りだしたこと、
先方が喜んでくれたので送ってよかった、と嬉しかったこと、
ルークから蟻につくらせたブロンズ鋳造の彫刻が届いたこと、(重くて片手で持てない、、、だから中空にしようっていったのに)
アレックスに預けていた、札幌中央卸売市場の彫刻がまた帰ってきて嬉しいこと、
モニカに彫刻を返す(彼らがいじりすぎて壊したので直すために預かった)のをいろいろ言い訳して延期したのでとても楽になったこと、
彫刻を送るため、梱包材を大量に買ったのだけどありえない量が来て部屋が埋もれかけていること、

うーん、
こうやって書き出してみると相変らず生産性のないことをやってる気がする。

今月のトライアルは
自分の限界値をあげること、
でした。
やっぱり今までの制作程度では、
とてもとても通用しない。

ちょろ過ぎだ。

まずつくれる量が少ない。

はぃ、というわけでグイグイ挑戦してみました。
できるところはできるときにやってしまう、限界を設けない、
無理って言わない、
集中して精度をあげて、要領よく、うまく機械を取り入れて、
ほらまだできるだろ、、このくらい10分でやっちまえ、
などなど
やっていたら
本当にグイグイ(変な言葉ですが)つくれている。
そんなんならもっと前に気付けよ、ってね。




何よりの自信になったこと。
日本のある彫刻の公募展に応募してみた。
出来上がったものがかなりよかったので、いけるかも、
なんて思っていたら、わぉ、1次と2次審査をクリアしてしまった。(
審査はインターネットで中継されていた)(3次審査は来年の秋です)
審査員の方達がしっかりと造形を評価してくれた(たぶん)のが本当にうれしかった。
もちろん凹みというのは奥が深いし一生かけて探っていくつもりだけど、
ぼくが一番気をつかって訓練しているのは凹みからつくる造形の方なんです。
造形力、というなんだかわかりにくいもの、でもオリジナリティを得るためには不可欠なもの、そいつを鍛えていきたいのだす、、、です。(いいことを言うと恥ずかしいのでついふざけてしまいます)

お祝いにエビナイト、開催!
えびを2、30本、フライと天ぷらにする。
二人とも瀬戸内海のタイみたいに漁り喰う。



いきなりですが僕たちは今の家の立地がすごく気に入っている。
なんと言っても近くにすばらしい公園があるので、一日一回はジョギングか散歩で必ず行く。一日、3回行く時だってある。(ジョギング、散歩、夕方のビール)
あやちゃんなんかはすっかり公園のリスと仲良くコミュニケーションさせてもらっている。(リスがドングリを食べているのを音付きで真似をして、リスがびっくりしてこちらの様子をうかがい、最後はこの人間たちやばい、という感じで逃げていく、そういうコミュニケーションです)

寒い時にはふさふさの尻尾をえりまきにしているんじゃないか、というのがあやちゃんの推論です。他に、寝る時は枕にしてるんじゃないか、というのもあります。どちらにせよ、単にそういうのがうらやましいだけで、最近では私も尻尾がほしいと言いだしています。


近所には時々ヘルズエンジェルス(地獄の天使)が出没します。
アメリカ発祥のオートバイクラブ、と言えば聞こえはいいのだけど、要は悪いことなら何でもござれの犯罪組織です。
そんなこわーい人達なんですが、(見るからにかたぎでない、地獄の鬼にこういう人いそうって感じ)

あやちゃんは何を勘違いしたのか、
ずっと、
ヘルスエンジェルス、と思っていたらしい。
それじゃ、
健康的な天使たち、、?

すごく模範的な人達になっちゃいますよ。

僕たちでそういう名前のチームをつくって対抗しようか、という話しも出たけど、本家に目をつけられたら嫌なので実現していません。


あと最近、あやちゃんはベルリンいちのワルである、という仮説もでてきました。そういう言葉の響きにあこがれているのか、いかに自分がベルリンいちのワルであるかを説いてきます。
ジーパンのポケットに手を入れて歩く(たまに)、小さい紙くずを道路に捨てる(まれに)、
夜更かしだってできる、酒、マージャンをやる、
一人でいると乱れた食生活になる(パンにハチミツをつけてかじるだけとか)、夜、顔を洗わない(こわいからです)、などなど、
いやーたいしたベルリンいちのワルです。

今までしっかり真面目に生きてきたんだな、と感心します。
ベルリンいちのワルの第一子分にでもしてもらおうかな。







凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

by hecomi-study | 2014-10-19 20:03 | Comments(0)