月刊/凹みスタディ

hecomi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 30日

すがすがしく

1月28、29日

いろんなことを少しずつだが片付けていく。
丁寧にやろう。
夜、遊びにきた大ちゃん、
なんと来週末、ドイツのチャンピオンと試合をすることになったそうだ。(打撃とか絞め技とかなんでもありのやつ)
しかも、メインイベントで。しかも勝ったらベルトを巻いちゃうらしい。
でも、試合会場はネオナチが異常に盛んなところで、応援に来るのは絶対にやめた方がいい、と忠告された。
うん、行かないでおこう。

けん、あやの親の倍満に振り込む。

1月27日

ゆっくり休んで一路ベルリンへ。
すがすがしい。
左ほほが腫れているので、あやちゃんにマンプク太郎くんという異名をつけられる。
夜、タイロンと飲む。

1月26日

朝、目が覚めると、けんはベッドの上にいた。
昨夜の記憶が途中でぷっつりと消えている。どうやって家まで帰ってきたのだろう。
(さすがに芋虫にはなっていなかったけど)
手にはケガがあるし、左ほほがはれている。なにか好からぬ事をしてしまったのか、
と思っていたら、なんのただの自爆らしい。
あやの証言、
酔っぱらったぼくは楽しいし、彫刻も完成したし、緊張もとけたし、
ということでさらに飲み続け、
けっこうおしゃれなバーだったにもかかわらず、イスから転げ落ち、他のお客さんに迷惑をかけ、
勘定のときはぼくが払うと我がままを言い、(でもお金を数えられる状態じゃなかったし、あやちゃんのポケットマネーに手を出した)
もう帰ろうと外に出たら足腰が立たず、
フリーデルが見かねてホテルまで送ってくれようとしたのに、振り切って走って逃げ、またすぐ転び、
けっきょく肩をかつがれてホテルへ。
そこの玄関についていた防犯カメラにひきずられるぼくが映っていたらしく、
何事かと騒ぎになり、
チェックアウトの時に、パーティボーイというあだ名をつけられた。

そしてなにより、今日と言う大事な日に、ものすごい二日酔いにおそわれる事になる。
うん、同情の余地は皆無ですね。(左ほほは恒例、歯茎の腫れらしい、無茶をすると痛くなる)

それでもなんとか作業開始時間7時に間に合い、
撤去作業。みんなあれだけ飲んだのにけろっとしている。けんの負けず嫌いもわかるが、彼らとお酒で勝負をするな、これが今回の滞在での教訓だ。

昼過ぎ、いろんな人にあいさつをして、一路ロッテルダムへ。
今回は歴史美術館に納品する彫刻も持って来ていたのだ。
夕方までは目もあてられないくらいの体調、電車の中でもトイレの脇に陣取る。
ギャラリー着、納品の手はずをととのえる。

今夜は一度お世話になったヤンとハナへのお礼のためのディナー。
ミリアムにホテルの予約、タクシーの手配までさせ、今日はもうホテルに帰りたいとすねていたけんだが、
いざ、ディナーが始まってしまえば、楽しくなって来たらしく、あちこちでクダをまく。

結局、あやちゃんのうったえかけるような、くまのできた眼に気がついたのは夜おそくだったのだ。

1月25日

今日で彫刻完成。
許可されている作業時間、ぎりぎり一杯かかった。
99%の出来です。

アンブロシウスの5人を飲みに誘う。
1、2杯ひっかけよう、という感じだったが、あれよあれよという間に、大ビール3、4杯を流し込み、ウォッカ3、4杯を一気する、

そしてここで記憶がなくなる。

1月24日

この滞在では、姉からのかにたま、父からのラーメンに救われる。
おいしいし簡単につくれる。

1月23日

ちゃんとアンブロシウスの面々はドイツから帰って来てくれた。
作業開始。

1月22日

けんあや、アムステルダムへ。
3時間くらいいて、またレーウヴァルデンに戻る。
そう、恒例、アニエスb.に行きたかっただけだから。
今回はめずらしくあや、しっかり買い物する。

1月21日

ひどい天気、これは好都合と一日部屋でくつろぐ。

1月20日

設置もなんとか半分は終わる。
午後、アンブロシウスの面々はドイツに一度帰る。
何度も交渉したが、この現場では土日は働けないのでみんな週末はドイツで家族と過ごす。

1月19日

ねだったアンブロシウスロゴ入りシャツをもらったのはいいけど、
おさがりだった。

このビルでは完成間近のためたくさんの業者さんが出入りしている。いい業者さんもあれば、品のない業者もいる。
つくづくアンブロシウスのプロとしての誇りを頼もしく思う。
恒例、ジークフリードとマンフリード、
ジークフリードとハイコのけんか。
彩ちゃんが冗談でけんもアンブロシウスに入れるかな、と聞いたところ、
ウェルカムだけど、3週間でけんかするよ、とのこと。

1月18日 

ハイコとジークフリードのけんか。(口と態度で)
経験豊かで頑固な人達が一緒に知恵をしぼって組み立てていく、
そしてみんな熱いやつら、(血の気が多い、とも言う)
けんかにならないわけないし、終わればすぐにけろっとしている。
メインワイヤーは設置完了、
メインシャフト、いくつかのレイヤーをつける。

1月17日 

梱包を開いてみてパーツの確認。

アンブロシウスの災難、箇条書き。

昨日のうちに着いているはずのコンテナーが来ない。
クルーの一人、2日前にガンの発覚。さっそく手術。
マンフリードが搬入用エレベーターに閉じ込められる。(1時間くらい)
マイスター、ハイコのお父さんが脳溢血で倒れ、救急車が来たもののエンジンの故障で、結局ヘリコプターで運ばれる。という電話が来る。
これだけあれば血の気の多い彼らがぴりぴりするには十分だ。
搬入時に警備員の二人とハイコ、マンフリードが一触即発。
やめておくれ。

床一面に板を敷きつめる。
メインワイヤーの準備。

今回、写真、映像などの記録はすべて彩ちゃんが担当。
結局、毎日朝から晩までカメラに張り付いて撮ってくれた。
いいおもちゃをみつけたわ、と喜んでいるようです。
全過程の映像も撮っているので編集が終わったらみなさんみてください。

1月16日 

ベルリンからレーウヴァルデンへ。
めずらしく電車を間違える。
歴史美術館用彫刻も持っていくことになったが重いし、さすがに電車内で場所をとるので叱られた。へっ
スーツケースデビュー。

今回はキッチン付きのホテルアパートメントに宿をとった。
自炊できるのはなによりありがたいです。
10日分の買い物。

写真はほぼ完成彫刻。1階と2階から。床は傷つけないよう合板で覆われています。
そのうち本気写真を撮ってもらう手はずです。
a0144713_1482278.jpga0144713_1484737.jpg
[PR]

by hecomi-study | 2012-01-30 01:49 | Comments(0)
2012年 01月 16日

人に成ろう

1月15日 成人の日

今週はいろいろな雑務が沸き起こる。
ふっふっふ、のぞむところだ。
それにしてもヨーロッパの人事異動はやめてほしい。
担当の人がコロっと変わっていることが多々ある。
そのたびに一からやり取りを説明して、うんぬんして、ふー、
のぞむところだ。
泣いても笑っても、司法省彫刻の設置、いよいよ明日からなのです。
2年半はこの時のために費やされた。
でもやるべきことはやりきったし、なんだか晴れ晴れとしている今日。
ある意味、成人になるのかも。

さて恒例、あった事、箇条書き。

みきちゃんから上等のジンをもらう。(そのくせにそれを飲んで酔っぱらいからんだ、あやちゃんが間に入って大変そうだった)

REMOWAのスーツケースを買う(遅めのクリスマスプレゼントとして)

新聞(凹み何ぞを載せてもらって恐縮です)

タイロンに英語テキストネイティブチェックをしてもらう。(急いでいる、と言っているのに、ちょっとだけだから、と言ってさせた)

保険すったもんだ。(税理士のフシュカさんをプレゼントでつって解決してもらった)

彩の大勝(奇跡の親満貫3連続で遊びに来てくれたお客さんから巻きあげる)。

あやパスポート紛失騒動。(あやの騒ぎようといったら)

たけちゃん、ななちゃんの結婚と新作。(知らなかった。教えてくれなかった)

新品のユニクロウォームパンツ、レッグウォーマー、はらまき、靴下一式でファッションショー。(姉に甘えに甘え、おくってもらった)

うん、こう並べてみると、よくもこう他人に依存しきれるものですね。
書かないで秘密にしておくべきだったか。

1月3日

しばらく、コンピュータ仕事。
あー、いやだいやだ、いやだいやだ、
とけっこう楽しくできる。

ぼくのように好きなことをやらせてもらっている人間は、
好きなことをやるため、それ以上に、好きじゃないことをやらなくてはいけない。
(わかってるのだけどね、いつも後回しだね)
[PR]

by hecomi-study | 2012-01-16 02:38 | Comments(0)
2012年 01月 01日

はねる年

1月1日
あけましておめでとうございます。
今年もみなさんに凹みが訪れませんように。
ぼくの方は今年もなんとか月刊凹みスタディ、やっていきます。

さてまずは今年の抱負。
作家としての基礎体力をつくり、それを維持できるまでになること。
だってあまりに弱すぎるのですもの。

ちなみにあやちゃんの抱負は
博愛精神。
ん?これだけではあまりよくわからないが、
本人は良しとしているようだ。

あとタイロンとジャネットがつくった凹みプロモーションビデオ、
下のアドレスからみることができます。新年号、特別袋とじふろくです。
(凹みすごろくとかのほうがよかったかな?)
http://www.cinephilia.eu
恥ずかしいシーンもありますがそこは文字通り眼をつぶってください。

12月年末

静かに過ごしています。
もちろんエビ天三昧です。
最近は僕らの中で麻雀がはやっています。
なぜか大ちゃんが、竹と本物の石でつくってあるマージャン牌を持っていて、(以前ベルリンに住んでいた人に譲ってもらったらしい)
さっそく遊んでみることに。

昔はドンジャラで(ドラえもんの)ぶいぶい言わせたもんさっ、と言うあやちゃんも面子に加わる。基本を一通り教えいざ、あやちゃんの親で試合開始。
なんと、
初麻雀のあやちゃん、はなから、ハネ満(親っぱね)。
けん、大、奮闘するも結果はあやちゃんの一人勝ち、という大波乱だった。
女性って。
次の日から、あやちゃんに全ての役を教えこみいっぱしの雀士に。

12月23日

彫刻の撮影。ストロボをいくつも使う、豪華な大掛かりなセット。
夕方には終わるかな、と思っていたがそうはいかず。
大ちゃんは最後まで文句も言わずぼくの無謀な追求につきあってくれた。
おかげで、はいっ、たぶん今までのベスト写真です。
a0144713_2315038.jpg

[PR]

by hecomi-study | 2012-01-01 23:15 | Comments(0)