<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 30日

夏は過ぎ(地味な日々編その3)

28日

夜、たろさんめぐぽんの家に強引にお呼ばれする。
(宴があることを嗅ぎ付け、僕たちも行っていい?とだだをこねること)

たろさんのフルコース料理。とても楽しく酔う。

8月23から27日

ぐずぐずと夏風邪を引きずる。

8月21日

午前中、あやちゃんの職場近くへ、久しぶりのトレース。誕生日にもらった凹みだ。
日曜日の午前中はみんなたいていのんびりしているし、交通量も少ない。

はずだったが、始めてみると老若男女がわらわらと集まってくる。
どうやら、この広場、日曜日はかっこうの遊び場になるらしい。
特に移民の子ども達は容赦なくまわりを囲み、
じーっと観察してくる。
正直、ぼくがやっている行為はクールでもなんでもないし、恥ずかしい。
集中だってしにくい。
いろんな質問が飛び交いすべてあやちゃんが相手をするが、
その中になんともいい質問があった。

小6くらいの少女。
「彼はこんなことやっていて楽しいの?」

(楽しくないかも)

小4くらいの少年。
「これお金もらえるの?えっもらえないならそんなことやったって意味ないじゃん。」

(意味ないかもね)

近くの道路にイスを出して友達と飲んだくれているおじいちゃん。
(あやちゃん曰く毎日のようにたむろっているらしい)
「ほほぅ、何をやっとるのかよくわからんけど芸術だろ?芸術。
まぁ、とにかく20分も、遊び盛りの子ども達を釘付けにするのだからたいしたもんだ。」

(そんなもんかもね)

確かに、、全てに一理あり。
アートピープルでは思いつきもしない意見だ。
でもそのうち、意味があるかないかは、自分で決める時が来るんだよ、 小4のボクちゃん。


8月19日

ジョギングと卓球。
とにかく身体を動かした。
その後、イデ家でカレーをごちそうになる。

8月17から

握力つけつけ週間。

8月16日

電話が鳴りだす。
いろんなことが始まりだす。
美しき、静かな日々よ、さようなら。今度会うときはクリスマス休暇ですね。

ジョギングの後いつもの商店でビールを買う、
と、スポーツの後ならビールは良くないよ、と忠告をしてくれる。
違うんだよ、わかってないなぁ、ぼくはダイエットとかのために走ってるのではない。
おいしいビールを飲むために走ってるのだ。

映画、今度は愛妻家、で目をはらすあやちゃん。

写真は最近完成した彫刻(でも厚さは従来と同じ1ミリ)
a0144713_054275.jpg
[PR]

by hecomi-study | 2011-08-30 00:56 | Comments(0)
2011年 08月 16日

紅な夏(地味な日々編その2)

8月14、15日

あや、絶品カツをつくる。
ぼくの好きな食べ物ランキングは一位うなぎ、二位トンカツだったが、
これで同率首位。

ってそんな話しブログでされてもねぇ。

このブログのタイトルはベルリン彫刻制作日記。
でしたね。
はい、ここ2週間、
地味だけど粘りが出てきて、悪くない制作だったと思っています。
(毎日が似ているのでこれくらいしか書くことがない)

こうなったら
ベルリンたらふく日記に改名しようかな。

8月13日

あやちゃんに紅の豚のまねをやってもらった。

そうすると、

飛べないブタはブタじゃねぇ。

となる。
?
?
そうではなく
正しくは
飛べないブタはただのブタだ。
です。

飛べなくたって、それが一生懸命生きてる普通のブタ。なのに、ブタじゃねぇ、とまで言い切られてしまったら今後そのブタはどう生きていけばいいのか。さすがにかわいそうですよね。

あやちゃんはみたことがある、と言い張ってるけど、本当はみたことないんじゃないか。

言い張る意味もわかんないけど。

ということで紅の豚をみることにする。

8月12日

お昼休み、
ずっと温存してきたアイデアを実行。
と言っても作品ではありません。
キッチンのテーブルです。
夜、仕事がなければ、僕たちはほぼ、チェスをします。
晩ご飯前の一局。
そう、テーブルの上に格子模様を塗装し、チェス板を使わないで指せるようにしたかったのです。
正直、作品制作より楽しかった。

記念すべき、最初の試合は、、
あやの傍若無人な攻めをよく守りきり、最後は駒をたくさんとられたあやが降参。
ん、というかぼくは一度も攻めないうちに勝ったことになる。けっこうすっきりしない。

8月11日

ブヨにさされて足がはれあがり、走れず。
ぼくが走ろうとするといろいろな難関が立ちはだかるのか。

8月6、7、8、9、10、

夕方、おそるおそる、ジョギングをしてみる。
調子に乗って毎日走ってみる。
体調もよくなるしビールだってうまくなる。

そしてもちろん、制作中の集中力だって、、
と思って始めたがそれはまだよくわからない。

それでも毎日、きもちいいな、たのしいな、と出かけていくので、
それをみていたあやちゃんも、

ついに、シューズを買った。

うまくいったぜ。

8月4、5日

楽しみにしていたのだが、熱が出て、新しいジョギングシューズ、使えず。

8月3日

夕方、買い物へ。
あった、あった、ジョギングシューズとジョギング服。
帰り道バーで飲んでいると、あやちゃんがさらにプレゼントをくれる。

それは3つの凹みだった。

もう少し説明すると、3カ所の凹みの写真。

どれも、最近のぼくの凹み傾向を知っているあやちゃんならではのチョイス。
3つともトレースをすることに決定。(あやちゃんがトレースもしてみれば、と提案したところ、丁重に、そして頑なに断わられた)


8月2日

朝、あやちゃん、ヴィザの更新へ。
2ヶ月くらい前からもうそわそわしていた。
ぼくもあまり役には立たないが、配偶者なので同席。
うまくいかないという要素はもうないが、ヴィザをとるのに苦労した記憶もよみがえる。

結果は2年間の延長!!

可能性として順に、半年、一年、うまくいって二年、と考えていたがベストの結果になった。

はしゃぐ。

夕方、プレゼントを選びに行く。
そう、明日は僕の誕生日。
作業用のウィンドブレーカーが欲しかったのだけど、何軒行ってもこれというものには出会わず。
こんな年もあるべ、とあきらめる。も

帰りに公園でビールを飲んで、ジョギングしている人達を眺めていたら、
あやちゃんが、そうだプレゼントはジョギングシューズにしよう、と思いつく。

まあ、ビールがおいしくなるのならジョギングしてみてもいいかな、
ということで明日もう一度買い物。

8月1日

あまり眠れず。弱すぎる。

7月27日から31日

電話も鳴らず静かな日々。
ひたすらに畳む日々。どこまで畳めば納得するのだろう。
35歳の大台に乗る前に、手応えのある彫刻をひとつでも完成させたい、と思っていたのでちょっとあせる。
(本当のことを言うと、ここ半年、もうすでに35歳のつもりになっていて他人にもそう言っていた。でもまだ34歳だ)

結果からいえば、たぶん納得のいくやつがひとつできそうだと思う。
(あいまいな言い方ですが自分では客観的にみられない)
(ちなみにあやちゃんにみせてみたけど無反応だった)
[PR]

by hecomi-study | 2011-08-16 01:47 | Comments(0)