「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 27日

すっきりとする

11月25日

エスターからの指示。
なんと訂正、追加箇所が10個くらいあった。
くじけず、完成、送る。

すっきりしたし、あやちゃんへのスペインでのお礼もかねて、久しぶりに料理らしい料理。特製ミートソース(赤ワインがドッポリ)とクリームソースのラザニア。

明日からはつくるだけ。

11月24日

書類仮完成、エスターの指示を仰ぐ。
こういうときにかぎってインターネットがおかしくなる。
こういうのは世の常です。

11月23日

書類。

11月22日

やっと帰ってきたと思ったらいろいろなことが待ち受けていた。

こんがらかってきたのであやちゃんに整理してもらい、何から手をつけるか順番を決める。

ぼくにはまだ保護者が必要なのだ。
[PR]

by hecomi-study | 2010-11-27 01:33 | Comments(0)
2010年 11月 24日

あやちゃんの活躍

11月21日

今日は何もない予定だったが一昨日あやちゃんがすごい凹みをみつけてしまったので、そのトレースを決行する。1時間半くらいだったが、やはり凹みのあるマンションの住人は心配で見に来る。が、あやちゃんの丁寧な説明を聞いたらみんな安心。
凹みをトレースするとき、人はかなり無防備になる。水を飲む時の草食動物のようにだ。そんなとき背中をフォローしてくれる人がいるとかなり集中できるし安全でもある。

これでバルセロナでやることは全て終わった。

迷ったあげく、ピカソ美術館へ。一度来たことのあるあやちゃんのお薦め。
すばらしかった。
ピカソのことを悪く言う人に会ったことがあるが、質の高い本物を見てないんじゃない、と言いたい。

絵から感じる集中力、覚悟、前進しようとする努力、やっぱりダントツぴかいちです。
若くして他界するスター芸術家もいいが、長生きして何十年と悩み、泥のように闘いながら歩を進めていく人間の方が僕にとっては尊敬できる。

でも巨匠をみることで、自分の不甲斐なさを思い知ることになるのが玉に傷。

のんびり空港へ。

夜8時バルセロナ発、

1時半ベルリンの我が家着。寒いし疲れた。

パエリアおいしいよぅ、と甘い言葉であやちゃんをスペイン行きに誘ったが
3日のうち、丸2日半、彼女は凹みにつきあわされたことになる。


11月20日

朝食後、凹みのはめ込みへ向かう。
気分よく始めたかったのだが、旧市街での1つ目の凹みはめ込み写真を撮ろうとしていた僕たちに近くで楽器を弾いていたおじさんが話しかけてくる。
いつものことなので説明しようと思ったが、ここは俺の商売の場所だ、邪魔するな、出て行け、みたいなことをまくしたてる。いくら説明しようとしても聞く耳持たず。
ぼくは商売じゃないしすぐ終わるよ、と言ってるのに。こんな人にいい音楽は備わらないと思いたい。
結局、嫌な気分ではめこみと写真、映像の撮影をする。

教えてもらった店にもトレースフィルムが見つからず、あらあらと思っていたら雨。
昼ご飯も大はずれ。

2つ目の凹みは水たまりの中になってしまった。
凹みに夢中になっている間、置き引きも現れ、あやちゃんが勘よく後ろを見ていなかったら持っていかれてただろう。
すっかりふてっていたら、よし私がどうにかする、とあやちゃんの強い言葉。
でも水たまりはどうにもならないよ、と思っていたら、あやちゃんが200円くらいの子供服を2着買って来た。そして水たまりをごっそりと掃いて、その水が戻って来ようとするところに服で堤防(ダム?)をつくる。まさかと思ったが、水はとまり凹みは現れたのだ。
はめこんで、写真、映像撮影。

晴れるのを待ちがてら、やっと大判の透明シートをみつけた。
残る3つ目の凹みも妥協せずに撮影終了。(あやちゃんが道で拾ったダンボールを拡げて光を調整してくれた)

そして光がさして来た。

地面が乾いて来たのでもう一度2つ目の凹み撮影。格段によくなった。

ギャラリーに3兄弟を届け今日の仕事は終了。
午前中で終わる予定が丸一日つぶれた。でもすがすがしいです。

晩ご飯はあやちゃんの勘で大当たり。地元の人気店を選ぶことができた。

11月19日

けん、あや朝の飛行機でスペインのバルセロナへ。
ギャラリーとの打ち合わせと作品の輸送、バルセロナ凹み3兄弟をもとの凹みにはめこむことが主な目的。

12時ギャラリー着。
ギャラリストのホセアントニオは最近ギャラリー空間を拡張し、さらにバルセロナ、マドリッドに続きミラノにまで支店をだしたやり手。
ぱっと見はマフィアの幹部にみえるけど、しっかりもので熱いものを秘めている。英語は得意ではないのでスタッフのモニカが全てを通訳する。(もちろん誰もぼくにスペイン語は求めていない)

テキパキやのモニカ、あやちゃんのおかげで展示内容や額縁の手配などいろんなことがスムースに決まっていく。
今回は第1陣として13点運んだが、なによりそれらの作品を気に入ってくれているようなのが嬉しい。

全てすっきりしたら、もうはらぺこ。4人でレストランへ。
ビールで乾杯。
ホセアントニオから天にも昇るような申し出を受ける。(まだ決定じゃないので内緒です)
でてくるもの全てが抜群においしいのでびっくりしたが、値段のほうも抜群だった。
伝票をみて声がでたくらい。(が、ホセアントニオが全てもってくれた)

ホテルへ。ちょっと横になる。

夜、街へ。軽く飲んで食べて帰る。

つもりが、あやちゃんがものすごい凹みをみつけてしまった。
強さ、おもしろさ、複雑さを兼ね備えている、ほぼパーフェクトなやつ。
ここのところは3、4回連続であやちゃんに凹み探しのお株をうばわれているのが少し気になるが。

トレースのフィルムが足りないのでどこで売っているか聞いてまわる。
実際にトレースするのは日曜日。


11月18日
11月17日

作品を輸送する木箱づくり。梱包。作品リストづくり。
重すぎる箱ができた。

明日から勝負の日だが、トンカツはつくれなかった。

あや無事ダブルヘッダーを終える。

写真はバルセロナ3兄弟のひとりと、今回発見された凹み。
a0144713_2392098.jpg
a0144713_2395213.jpg
[PR]

by hecomi-study | 2010-11-24 02:40 | Comments(0)
2010年 11月 18日

アルンヘムへ

11月16日

あやちゃんが急ピッチで進めてくれた成長する凹み、7番目をはめこみにいく。
3人の掃除のおじさんが来て最初は、からまれるかな、と思ったがずいぶんと人なつっこい。

なんだか意気投合してそのうちの一人、カリブ海のなんだか島から出稼ぎにきているトニーのフィアンセにまで凹みの写真を送ることになった。
彼らをオランダの最下層労働者と呼ぶ人も多いが、なんの、視野の狭いアートピープルよりずっと、ぼくがやっていることへの理解が早いし深い。1言えば5わかるとは彼らのことだ。し、いつも地面ばかりみてるという親近感も感じてしまう。

妥協せずに写真撮影できた。

お昼、ロッテルダム発。

同じ車内に
警察と犬が乗り込んできて麻薬の取り調べを受けた若者二人。(みるからにあやしかった)
目が玉ごとふたつとも無い犬をつれた若者。(小さい頃病気になったんですって)
ユーレイルパスのごまかしをやって罰金を請求された若者。
凹みを密かに隠し持つ若者。

人それぞれに譲りたくないものがある。

8時ベルリン着。
激寒。
あや、ダブルヘッダーを終え帰宅。

納豆ごはん。

11月15日

朝出発、12時オランダのアルンヘム着。

いつもと違う下回りのオランダ行きだったのだが、なんとオランダのさびれた農場にラクダがいたのをみた。こぶもあったし。なんに使うのだろう。

今日はエスターが気を使ってくれてできるだけドイツに近いところをミーティング場所に選んでくれた。エスターの所属する会社の支所。

1時スタート。カマーディナーさんと彼が契約する構造計算家アレックス。オランダからもエキスパート二人を含む計7人。
どんどん話しが決まる。ぼくが3ヶ月考えたことが3時間で解決していく。

4時、終わってみればもうほとんど、課題は残されていない。ほぼクリアした。

ロッテルダムへ。
ミリアムとお金の話し。

今日はいつもと違うホテルに泊まってみる。
かなりがらの悪いところにあるがまずまず。

かつ弁当
クロケット
チキン焼きそば

11月14日

午前中、ぐだぐだする。
午後オッケー。

今日はカツを揚げる。
ということは、明日は勝負。

司法省彫刻は未だ、細部の課題がある。
どうやって掃除するのか、どんな種類の埃が付くのか、どうやっていつどの手順で彫刻を運び入れるのか、色は何年持つのかどのくらい変わるのか、吊る金具は何をどうやって使うのか、吊るワイヤーはどのくらい伸びてしまうのか、建物内の空気移動で彫刻が揺れないか、、、、

そんなの知るもんかいっ。

とは言えず全てに答えを出します。

というのが明日。

早く寝る。

11月13日

けんあや制作ほぼ満点。

夕方、忠さんの紹介で日本の女性美術家が訪ねてくれる。
家で食事の予定だったが急きょ変更。ジェイソンとエルリンが来るのを待ってたろぽんめぐぽんの家へ。ぼくらの家の2倍以上あるしとても居心地がいいのでつい甘えてしまう。

着いたときにはもう大きなテーブルに大ごちそうが並んでいる。たろめぐシェフが腕をふるってくれたのだ。食べて飲む。あいかわらずぼくは好き勝手だし、肉と白ワインばかりねらって自分のものにする。
かわりにたろめぐ夫妻が僕の連れて来た客人を丁寧にもてなしてくれていた。

けんって。

帰り道、明日の飛行機で発つジェイソン、エルリンとのお別れだ。
ふたりとも本当にいいやつだし、めずらしいことに少しさみしくなる。

彼との出会いはひょんなことから。ベルリンに来たての頃、階下に住んでいたフランス人が真夜中にうるさすぎるパーティーをしていた。頭に来たぼくは怒鳴り込みにいったが、まあまあまずはお酒でもどう?という感じでまるめこまれ、なんだかみんなと楽しく飲んでしまう。そろそろ酔っぱらったし帰ろうかなと思うと、隣の家のドアが少し開いていた。酔っぱらった勢いで入ってみたのがジェイソンの家。友達とギターを弾いていたジェイソンはぼくの相手をしてくれ日本の歌やアメリカの歌をうたった記憶がある。

そのころあやちゃんはというと、いきり立ったぼくがなかなか帰って来ないので心配しているうちになんだかまた寝てしまったそうだ。とてもあやちゃんらしいです。


11月12日

けんあや制作ほぼ満点。

午後からあや仕事。

夕方、ロッテルダムからトワンの訪問を受ける。夜って約束だったじゃない。
昨日もそうだけどみんな自分の好きな時間に来るようだ。
トワンは70歳ちかくみえるのに、活動的で奥さんとロッテルダムにカフェをオープン。評判がよく最近2号店をだした。彼は美術家だが店に出す全てのケーキもつくっている。その味は有名でロッテルダムのベストアップルパイ賞をとったこともある。

7時、ジェイソン、エルリンの訪問。
結婚式の写真をみせてくれる。(がまんして2千枚くらいみた)
でも式の方は圧巻で、1300人の参加者。なんでもインドネシアの大臣まで参列したそうだ。
エルリンって何者。

その後、あやちゃんとラーメン屋で待ち合わせ(ベルリンには2軒ある)、4人で会食。
けん、ジェイソンの悪ガキ二人は、ジェイソンへのおみやげである日本のコマで遊び始め、お店に多大な迷惑をかける。

そしてまた明日来ることになる。


11月11日

けんあや制作ほぼ満点。

夜、ふたりでビールを飲んでいたらブザーが鳴る。
ジェイソンとエルリンがいた。
明日、来る予定だったのに日にちを間違えていたらしい。
けん、あやともひどいかっこうだったけど、とにかくあがってもらう。(けん、なんとかズボンをはき、あや、頭に巻いていたバスタオルをはずした)
オランダ、ドイツで勉強したアメリカ人のジェイソンは、階下に住んでいてよくぼくとつるんであやちゃんを困らせていた。(卓球ばかりしたり、たち悪くよっぱらったり、晩ご飯時間に現れたり、という程度です)
2、3年前、シンガポールに移住し、そこでインドネシア人のエルリンと結婚した。
ふたりとも弁護士でジェイソンは宇宙専門。(ぼくにはよくわからない)
今回オランダで公演があるのでついでにけんとあやの顔でもみておくか、という感じでベルリンに寄ったのですって。

明日来るということだったので晩ご飯はぼくらの分しかなかったけど楽しく飲む。
(ベーコンパスタをつくっていたがジェイソンはユダヤ人なので豚肉は食べられない)

そしてまた明日来ることになる。

11月10日

そろそろフル回転に近づける。
とにかく休みすぎた。
ヨガも続いているし体の調子もいい。

11月9日

みきちゃんと別れてベルリンへ。
昼過ぎ着。

あや仕事。けんまあまあ。

写真は7番目の凹みとブラザーズ。

a0144713_4401623.jpg
[PR]

by hecomi-study | 2010-11-18 04:40 | Comments(0)
2010年 11月 10日

ズヴォレ行き

11月8日

朝の散歩。今後のため、ホテル探し。
残念だがずっと使ってきたこのホテルは値段はあがったのに、サービス、部屋の室が落ちるという悲しいことになっていた。庭の巨木も切られたし、顔なじみのねこちゃんももう来ない。

11時、ミリアム、アンパロと待ち合わせて車でズヴォレへ。
昨夜の段階では、疲れているから車の中での私語禁止、という訳のわからない命令をアンパロけんあやに下したミリアム。それが一晩寝て元気になったのか、車の中では自分から話しまくっている。そしてMOMA作家のアンパロに荷物持ちや、目的地までのナビゲーター、最後には疲れたからとアンパロにとっては慣れないオランダでの運転までさせていた。女性って。

ズヴォレでウィムと会う。彼が2011年この街で開催される大規模展の企画責任者。
話したあといくつかの美術館、展示予定場所を案内してもらって(さむかった)終了。

正直いってけんあやともに参加への情熱があまり湧かない。

駅でミリアム、アンパロと別れ、今度はピムと待ち合わせ。彼の家へ。寒さと空腹で動けなくなったけんとあやにワインとおいしいパスタをごちそうしてくれる。
彼の家、家族は暖かいし介抱されたような気持ちでした。
絵を受け取り、駅まで送ってもらって一路ハンブルグへ。

11時、みきちゃんの家着。
またもやさしい介抱を受け、なべうどんまでごちそうになる。
いい話しをたくさん聞いた。
辛苦をともにしてきたみきちゃんの成功はすぐ目前にある。


11月7日

けん、あや、朝、ロッテルダムへ向けて出発。
書類は終わったしすがすがしい。

目的はアンパロのオープニングに参加すること。
メッペルの隣町ズヴォレで新しい仕事の初顔合わせ。
KIKに置きっぱなしだった10枚の凹みペインティングをハンブルグに運ぶこと。
あわよくば成長する凹み、7番目のトレース。

どれもあまり困難は予想されないし、めずらしく荷物も少ないので遠足気分です。

味噌をぬったおにぎりも9個用意しました。

3時過ぎ、凍えそうなロッテルダム着。

あわよくば、と成長する凹みを見にいったがなんとっ、まだ埋められていない。
前回みたときよりかなり大きくなっている気がする。
もちろんトレース開始。(次の日の朝でもよかったがそうなると今晩おいしくお酒が飲めないから)
たくさんの人が通りかかるしぼくだってすごく恥ずかしい。精神異常者みたいだし。
傍らで僕を見守るあやちゃんはそれにもまして恥ずかしいだろう。
いつも何も言わず最後までつきあってくれる。
すっきり終わってアンパロのオープニングへ行った頃にはあやちゃんの顔が寒さで真っ白。 女性って。

アンパロとは同じロッテルダムのギャラリー所属。ここでのぼくの初個展依頼、8年の友達。札幌に招待してテンポラリースペースで個展を開催できたこともある。
彼女にとってもそれはとてもいい思い出のようで僕の顔をみるたびいつも札幌の誰々は元気かと聞いてくる。今回は亡くなった石田善彦さんのことも伝えることができた。

しばし歓談のあと、疲れて目が落窪んだミリアムをおいて、アンパロとその友人、けんあやでくり出す。

ビールバーで飲む。
アンパロは今や、ニューヨークのMOMAやグッゲンハイム美術館に作品が収蔵される、スペインの誇り。
とてもいい哲学を聞くことができた。

けんあやホテルに戻ってやっぱりもう一度外出、イタリアンへ。


11月6日

ようやく書類ふたつ目投函。
夜あやちゃんと乾杯。
今週はぼくの好きな小説家吉村昭を3冊読破。
そしてなんと、今週から二人でヨガを始めた。運動不足だし体はかたいし。
まだやりはじめて数日だが、なんだか体が気持ちいいし
たぶん続けられると思う。

11月5日

HMRのパウルから推薦書が届く。
3枚びっちりの内容。彼の歴史に対する熱意とやさしさ、凹みへの理解、が盛り込まれている。無駄にはしないよ。
これを日本語に訳し(あやちゃんが)書類に添えて提出する。

書類ひとつ目投函。

ベルリンにきている美術家広瀬さんと飲む。
けっこう飲む。

ゆで豚の塩漬け 野菜と辛いサラミのスープ 鮭パスタ

11月1日から11月4日

書類づくりと簡単な制作。
あやちゃんと手分けして進める。
今回は二人で何度も推敲を重ね、いい書類ができたはず。

これでだめなら後は知らん。

あや、かけもちの仕事が始まりほぼ毎日出かける。
[PR]

by hecomi-study | 2010-11-10 02:02 | Comments(0)
2010年 11月 01日

まだリハビリ中

10月31日

けんあや、お金をあつめるための書類作成。
しばらくはこれらを片付けなくちゃいけない。

制作、10%。

今日から冬時間。つらい時期がくるぞ。

ヨーグルト ゆで卵 ソーセージサンド(ホットドッグ?)
焼きそば

10月30日

司法省、事務仕事。
午後、ちょっと制作。まだまだ5%くらいです。

夜、新婚さんのたろさんめぐぽん宅へ。
なんと二人は僕たちの結婚式と同じ9月11日に式を挙げた。(僕たちのは結婚食事会でしたが)
じっくり写真をみせてもらう。きれいなめぐぽんと、きりりとしたたろさん。
を肴にのむ、のむ。あやちゃんも何に火がついたか、のむ、のむ。
せっかく他のみんなが集まったころには、ぼくたち、もう眠い。

帰宅して寝る。

ツナサンド チーズクロワッサン
ハムコーン野菜麺
いろんなおつまみ

10月29日

けんハンブルグへ。あやお留守番で僕の仕事をしてもらう。

クリストフ、スーザン(クリストフの同僚)と司法省彫刻の詳細会議。
いよいよ司法省側からお尻をたたかれている。
3人が共通の認識をできますように。
4時間半かかって終了。(正直に言うとクリストフへのおみやげである駒遊び、と昼食で2時間)

ミキちゃんのギャラリーへ顔見せに。とても充実していそう。
タバコを一本巻いてあげるのと引き換えにビールをとなりのギャラリーからもらう。

けっこう酔っぱらって帰ベルリン。

鳥の照り焼き卵とじ丼
チーズバーガー2つ
ツナとルッコラのペペロンチーノパスタ

10月28日

午前中でだいたいの帰国雑事が片付く。(ほとんどはあやちゃんがやった)
けんは日本から運んだ凹みのチェック。
長い散歩の後、久しぶりに作業机に向かう。

鳥の解体。

ベルリン留守中に家をみてくれていたルンバさんにお礼。
でも9時に激しい眠気におそわれる。
そして寝る。

野菜サラダ
ハムチャーハン
鳥の照り焼きワンプレート

10月27日

昨日買い物に行ったので朝やっと大盛りサラダにありつける。
ペースと体調を戻していこう。

またも司法省彫刻のことで頭痛。
こんなこと軽く乗り越えるようじゃないとね。

チェス、けん勝利。

本を読もうと思ったら9時に寝てしまう。

ルッコラ レタス キュウリ ドライトマト 赤かぶ のサラダ
ハムサンド
かぶのみそ汁 蒸しブロッコリー かぶの酢漬け
[PR]

by hecomi-study | 2010-11-01 00:37 | Comments(0)