2017年 04月 04日

ベニマシコな日々



1月、2月、
うーん、いろいろあったけど、どうもスムースに出てこない。あまり文章にできないというのが正直なところ。間をあけすぎなんだよな。
でも僕だけじゃない、みなさんもそんなものですよね?

○街彫刻トリコロール。
ちゃんとお仕事もしてるんだよアピールをさせて頂きます。(あやちゃんのご両親向けです)

台北の街のかたち彫刻、4個目が完成しました。

2月下旬に始まる秋吉台国際芸術村での展覧会用に、秋吉台がある美祢市の街のかたち彫刻。

札幌の街のかたち彫刻。(3個切り出しました)

などなど。

インドのムンバイ、オランダのロッテルダム、ドイツはハンブルグ、スイスはバーゼル、スペインのバルセロナの街のかたち彫刻もスタートさせることができました。(今年から来年にかけてそれぞれ出番があると思います)
けん、あやの分担作業がだいぶ上手になってきたし、制作のスピードも徐々に上がっています。

ふん、こう見ると、最近はすっかり街彫刻にトリコなけんあやです。

要は地面から160センチの高さから見つけるのが凹み、
1000mとか2000mの高さから見つけた凹みが街彫刻。
どっちも変わらないんだな、と二人で話していて気がつきました。

いつの日か、何十個ものいろんな街の彫刻を一堂に展示し、ただワクワクしたい、というのが目下の僕らの夢です。

○1月23日くらい、
ロッテルダムとアペルドールンへ出張。
来い来い言われ続け、ずっとブッチしてたけど、さすがにここらでロッテルダムに寄ることにする。
ギャラリーで10人くらいのディナー。
ルーベン(ギャラリストミリアムの次男)の新しい彼女にも会えたし、ヤコブ(ミリアムのイケメン長男)にも8年ぶりに会えた。
次の日の朝、アペルドールンへ。
コーダ美術館での展示の搬出です。けっこう時間はかかったけど、みんな親切だし、手伝ってくれるし、無事終了、ベルリンへ。でもいろいろ予定を詰め込んだのでクタクタになりました。


○2月3日
学生時代からの友人、橘内くんが参加する展覧会のオープニングに出るのでハンブルグへ。
お互い、顔を合わせて、よう、よう、なんて言ってる端から、どんどん彼の作品が売れていく。。。。おいおい、こんなに売れるんかい、売れるんでSKY(JAL風)。
終わってみれば、20点近くが完売!!!
すっげー、気持ちいいー。

あやちゃんが、橘内の作品をギャラリストのミキさんに強く薦めていたが、こんなに売れることを見越していたのかも。
だとしたらすごい。

もちろん、同時に出品していた、たけちゃんや山本ユキちゃんは堅実に売れていく。でもそこに驚きはないかな、彼らの絵なら当然です。

○2月14日、日本へ。
今回は山口県と札幌でいろいろこなします。

まず宇部、到着。
さっそく宇部ビエンナーレ事務局の学芸員さんたちに遊んでもらいました。

16日
楠中学校での凹み授業。
5回の授業にわたって、凹みを見つけ、その形をスチレンボードで切り出し、塗装して、はめ込む、ところまでやってもらう。
最近の中学生は優秀です。
こちらの意図をしっかりわかってくれていました。
でもそれを伝える、情熱を持った先生や学芸員がいてくれないと無理なんです。
今回は本当に幸運でした。

その後、廃校となった小学校へ連れていってもらう。
あわよくば凹みをみつけたかった、、のだけど、
そう簡単にはいかないぞ、
と思っていたら
いとも簡単に、
見事、イケ凹みゲット。
この凹みは彫刻になって、
今年の秋、10月1日〜11月26日に「うべの里あーとフェスタ」で展示されます。
(会期はUBEビエンナーレと同時期)

ホテルに戻って、
夜、イケメン男児の、真吾くん、タカちゃんと合流。飲む。
搬出のために札幌の東興さんから来てもらいました。

17日
宇部ビエンナーレ彫刻の搬出。
いやー、この子には本当に苦労させられる。
ねじがことごとく、錆び付き、喰いつき、まわらない、はずれない。
1、2時間で終わる予定が、10時間くらいかかる。
出来が悪いほどかわいいとは言うけど、搬入時、搬出時、これだけ世話をかけられると、、、。
うん、なおさらかわいいです。
この写真なんかみてください。ちっちゃいのはスズメ達です。
事務局の藤田さんが撮ってくれました。
a0144713_00373549.jpg

見初小学校へ。
去年、凹み授業を受けてもらった学級へ挨拶です。
最近の小学生も優秀です。
本当にいい眼だな、
こういう大切なものをどこかに忘れてくんだよな。


夜、
真吾くんと貴ちゃん(たかちゃん)と
一軒、二軒、、
そしてここからは若い彼らの時間、
楽しんできてね、と
一人とぼとぼ宿に戻っていると、
びっくり、彼らが追いかけてきて、
やっぱり宿まで送ります、ですって。
なんてやつらだ。
最近の若い奴らも優秀です。
イケメン、プラス、やさしい、、
あれ、でもこれだったら、ヤサ男、になっちゃいますね。


そして彼らは再び、夜の街に消えていきました。


19日、学芸員の山本さんちにお邪魔する。
初めてのシシ鍋。
イノシシっておいしんだ!
ちょっとはしゃぎすぎる、犬の天ちゃん。ぶちかわいいです。
天ちゃんに負けないくらいはしゃぎました。

20日、楠中学校で凹み授業。
彼らが見つけた凹みは、、、
じゃーん、
こんな風にまとめられました。
いやぁ、山本さんも、勝見先生も熱いよな。こういう人達に出会える生徒は本当に幸運です
a0144713_00450679.jpg
a0144713_00385805.jpg




その後、授業を見に来てくれた秋吉台国際芸術村の森下さんと秋吉台へ。
途中でビールを箱買いするのも忘れません。(うわさで陸の孤島だと聞いていた)
パスポートとかは忘れてもそういうのは絶対忘れないのです。

さあ、ベニマシコな日々の始まりです。

秋吉台国際芸術村。

なんといっても本当にここの陸の孤島っぷりはすごい。
まわりが全て山、とは聞いていたけど、
こんなに?ありゃー。
半径数キロ、全部山。最寄りのバス停は4キロくらい、コンビニは5キロくらい。

でもビールもお酒もお刺身も買い込んだし安心。
最近はまっているバードウォッチングに精を出す。(そんなことしてる場合かな)

みなさま、ベニマシコという野鳥をご存知でしょうか?
顔が赤く、胸にかけてもきれいな桃色。
みつけるとテンションがあがるスズメくらいの大きさの野鳥です。

マシコとは猿を意味するそうです。
名前の由来は、顔が赤くて猿みたいだから。わかりやすい。
初めて見たし、
さっそくあやちゃんに自慢の連絡をしたら、けんちゃんみたいだね、ということでした。。
あれ、
夏は北海道、冬は本州以西に渡るから、
ということだけど、
本当にそれだけの意味ですか?

しばらくはあだ名がベニマシコになりそうです。


さて、展示の話し。

まず、展示ホールを見せてもらう。
うわっ広いっ。
来る前からわかっていたけど、実際にみてもひろい。だって舞台とか音楽のホールだもの。
でも一人で展示するわけじゃないし。

ちなみにここに何人が展示するんですか?と聞いたら、
えっ言ってませんでしたっけ、谷口さんひとりです、、
とのこと、
えー!!まじ?そんなことならもっと持ってくればよかった、、、
あの子もあの娘も、、、
とは思ったものの、
いやいや、贅沢に展示してみるのもいいじゃない、
落ち着きなさいよ、
ということにする。

展示スタート。
どんなに丁寧に展示したって、もう出来ているものを吊るだけなんだから2日くらいであっという間に完了!

そして、やっぱりどうみたって、今までのベスト展示!

凄まじい照明(舞台用なので美術用とは桁が違います)と、素晴らしい空間なんだから当たり前です。
a0144713_00405177.jpg
a0144713_00412746.jpg

終わったんだし、あとは、
忙しそうな他の6人の作家には、悪いような気がしましたが、裏山に登ったり、野鳥を追っかけたり、いろいろと遊んで過ごしました。

25日
オープニングの日。
やっと念願の秋芳洞と秋吉台のトレッキング。
いやー、油断してました。
歩いてりゃ着くべ、なんて思ってたら、まず入り口まで何キロもある。
そして着いてからがまた広い。
期せずして、20キロ弱は歩いちゃいました。
洞窟もトレッキングもすばらしかったけど。



オープニング、
昼間がっつり歩いてたし、他の作家の作品もとてもおもしろく、ごきげんで、、、、

さぁ、飲む、飲む、
ビール、焼酎、ワイン、日本酒、梅酒、もう、ごっちゃごちゃに飲む。
あやちゃんに見つかる前に飲んどかなくっちゃ。

朝起きると、ひじと腰をケガしていました。(ご心配なく、ただの自爆です)

さあ、気を取り直して、この日は札幌への移動。

朝10時のバスに乗ればいいから余裕だぜ、、、
なんて思っていたけど、せっかく余裕を持って準備してたのに、出がけに忘れ物に気付いて、わたわたしていると、、
いつのまにか、あれ、あと15分しかない!!
やっべー、15分で3、4キロ歩くのはほぼ不可能、スーツケースもあるし。
でもとにかく行ってみよう、と
途中まで走ったけど、到底無理。

よしっ、こんな時は、、

と、何を思ったか、
ヒッチハイクを始めるけん。
にっこりと微笑んで親指を上げる。いいイメージを持ってもらわないと。
いやぁ。
でも何度やっても全然とまってくれません。

そりゃそうだよな、昨日のお酒のせいでベニマシコみたいな顔してるし。
あやちゃんが台湾に来る時に買った新品のレモアのスーツケースだから、ヒッチハイカーっぽくないし。
山奥でスーツケース持ってヒッチハイクって怪しいですよね、
僕でも乗せないな。

しかたなく、、、

あきらめました。

どうせ遅れるんなら、と、てくてくゆっくり歩き、ふもとへ。
さてタクシーを呼ぼう、と公衆電話を探すけど、、、、
しまった、最近、公衆電話少ないんだよな、

いやーとんだ道中でした。

さてなんとか宇部空港から無事羽田に着きプラプラ、
いやーなんか食べとこう、でも昨日しこたま飲んだし、こんな日は蕎麦くらいしか食べられないな、
なーんてざる蕎麦をずるずる食べていたら、、

そう、恐怖の、
谷口さま、谷口顕一郎さま、53番ゲートまでお越し下さい、、というアナウンス。

え?なんで?
スーツケースに入れといた亀、ばれたかな? (嘘です)

まー行ってみるべ。
53番ゲートのカウンターで、
「あの谷口ですが、アナウンスを聞いたんですが何かありました?」
「え?え?谷口さま、15時発の便で札幌に行かれるんですよね?」
「いえいえ何を言ってるんですか、僕の便は16時25分発の、、、、」
(チケットをみせる)

やべ、、、、

16時25分札幌、着、だった。

あいたー、またやった、しーらねっ。
(知らないでは済まないよ、けんくん)
僕のせいで飛行機を待たせてしまっていた。
いやー、座ってる乗客の視線が厳しかったなー。
しかも一番後ろの席だったので、なかなか辿り着かない。
しっかりとベニマシコ顔をさらしてまいりました。




[PR]

by hecomi-study | 2017-04-04 00:06 | Comments(0)


     台北日記 / 亀の釣り方 >>