2016年 05月 02日

ロンド橋

いやはや、もう5月ですかい。
はい、そうでSKY。

遅いですが3月、何があったかな。


新たな事実が発覚しました。
僕は寝ている時、たまに軽いいびきをかくらしいのですが、
最近あたらしいバージョンがはやっています。

グーグー、フガフガ、とここまでは普通なのですが、
最後に
シャキーンっ、という音が入るらしい。
どうやったらそんな音が出るのか、出せるのか、
目が冴えてきそうな、、それでもいびきです。



さて、今現在、我が家ではロンドンの街の形彫刻が進められています。
5月にロンドンで開催されるART16というアートフェアに参加するので、
ロンドンの街のかたち、
という、バ○のひとつおぼえ的な企みです。

バルセロナのギャラリーを通して参加するのだけども、
まぁ、彼らには非常にお世話になっていて、
というか何度も僕の作品で各地のアートフェアに応募してくれたのだけど、
いつも、これじゃぁ、だめね、と主催者から突っ返されていた。

でも今回は主催者側から、このケンというやつの作品を入れるなら出させてやってもいいぞ、ということだったと発覚した。(そういうこともあるらしい)
やっと少しは恩を返せたか。

彩ちゃんもロンドンに行くのが楽しみらしく、
ローンド橋、落ちたー落ちたー、とご機嫌で歌っています。。

うーん、
うーん、
どう考えても、
あまり縁起のいい唄ではない気がする。
このご時世だし。



ふぐり。

あやちゃんがお小遣いで待望のネコヤナギを買ってきた。
つぼみがとてもかわいく、なんとも春らしい。
ぼくはどこで読んだのか、こういうつぼみのことをフグリと言う、と思い込んでいて、このネコヤナギにもフグリちゃんという名前をつけた。

その数日後、仕事先の彩ちゃんとメールのやりとりをすることがあり、
文章の最後に、けんより、というところを、フグリより、と書いた。
かわいらしいかな、と思って。

彩ちゃんが家に帰ってきて微妙な顔をしているので問いただしたところ、フグリって○丸っていう意味だということが発覚。。。。

本当に知らなかった。
恥ずかしすぎる。


唐突だけど、
ぼくは過去に何度もブタの角煮に挑戦してきたがことごとく失敗に終わっていた。チャーシューくらいにしかならないのです。こんなにうまくいかない料理はこれだけです。

でも今回、適切な肉を買ってきてもらって(バラ肉のかたまり)(今まではバラ肉のかたまりがどうしても手に入らなかったので違う部位ばかりだった)、
再挑戦してみると、あらま簡単、こんなんでいいの、
上等な角煮が煮えあがった。

なーんだ、部位だったのか、
あと、隠し味はもちろん、、、

八角です!!



そういえば、最近コペンハーゲンから戻ってきた彫刻。
けっこういいきっかけになりそうな予感がしています。
(実際はこれの2倍の大きさなんだけど、まだ写真を撮っていません)
a0144713_0595525.jpg




凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

by hecomi-study | 2016-05-02 23:54 | Comments(0)


<< 迷鳥      くやしさ君、本当にぼくを成長さ... >>