2015年 04月 17日

ジェット リー


3月、いろいろあった気もするけど忘れました。
ひとつだけ覚えているのは、

ジェット・リー事変

1泊2日でハンブルグへ。
作品の搬入。
尊敬する大阪の美術家、植田さんとの二人展。
ポンポンポンと搬入を終え、
行きつけの日本食屋さんへ。
ぼくはこの店が気に入っている。
マスターは超がつくほど口が悪いが、
食べ物はおいしいし、雰囲気もいいし、
なにせ、、、(これが一番大事)
マスターは
ぼくのことをジェット・リーと呼んでくれるからだ。

もちろん似ているとは思っていないが、自分の好きな俳優にどこか似てると言われて嫌な気がする人はいない。
ウソでも、お世辞でもなんでもいい、どうでもいい、
ぼくはこのジェット・リーという言葉を胸に生きていく!
彩ちゃんにそう宣言しました。

ハリウッドで新作映画の撮影があるので、
一晩しかハンブルグにいられなかったが、
また必ず行くはずだ。
撮影の合間にね。

(ちなみにぼくはハリウッドのアクション映画しか見ないので、当然、自動的に一番好きな俳優はジェット・リーだった)
(ちなみにオランダから持って帰ってきたトチの木の苗にはジェット・リーという名前が付けられた)









凹みスタディ 公式ホームページ
kenichirotaniguchi.com
[PR]

by hecomi-study | 2015-04-17 19:40 | Comments(3)
Commented at 2015-05-12 09:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hecomi-study at 2015-05-13 09:32
蔦井さま
お久しぶりです!
作品を大事にしてくださって嬉しい限りです。
一度、壊れた箇所の写真を下記のメールに送って頂いていいですか?
info@kenichirotaniguchi.com
尚、箱をつくった後からその中に作品を取り付けることは
可能だと思います。(2カ所程穴をあけることになるかもしれませんが)かっこよくしたいですね。
谷口顕一郎



Commented at 2015-05-13 21:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< まんぷく太郎      今夜も飲む >>